パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > ベノムの逆襲②> パチンコ日記 > ベノムの逆襲②

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベノムの逆襲②

2010年01月20日(水)

ご存じの方ももちろんおられるでしょうけど、あのアタッカーに見えるアレは実は電チューなんですね。

で、ボーナスは実は電チュー賞球という変態スペックなんですが、電チューということは抽選しなければいけない。

そのためボーナス中、保留はあるのに急にアタッカーが開かなくなったりするのは、あれはハズレを引いてしまっているんです。

そんなこんなでボーナス中の止め打ちで必須なのは・・・

忙しい目線の移動!

まず大当たりがあったら
①右を狙え!の表示
②「→」がなんども表示されるが、その4回目の表示で打ち出し始め
③10発打ち

そして継続中
まずセグ部にあるランプ群。
①2段目4つ並びのうち右3つが点灯したら打ち出し開始。
②10発打つつもりで
③でも打ち始めたらすぐに液晶画面上右上の(小さな)図柄変動を確認
④これがいつまでも変動中ならハズレなのですぐに打ち出し止め
⑤止めたら保留数の確認
⑥保留数が3つ以上で次の開放は無視してその次の①のランプ点灯から打ち出し開始

とうのが詳しい版止め打ちです。

流れに乗っているときは簡単
①2段目4つ並びのうち右3つが点灯したら打ち出し開始。
②10発打ち

の繰り返し

ただこれだけだとハズレの時に無駄玉が発生するので詳しい版止め打ちを参考にして頂ければ、と思います。

そしてさらに詳しい解説

実はランプの点灯とアタッカーの開放は完全にシンクロしているわけではありません。


ちょっと早めの打ち出しになってしまった場合(アタッカーが開く前に1発空振りしたなど)は11発打ち。
あるいはちょっと遅めの打ち出しになってしまった場合(アタッカーが開いて1拍おいて入賞した場合)は9発打ち。

などを駆使しましょう。

もっと言います。

10発打ちをやっていて、保留がとぎれないような好調整の場合・・・

というか、こんな好調整あり得ません。

なぜなら、最低でも10発に1発入るような調整だと、通常時右打ちで25~30/kくらい回ってしまう勘定になるからです。

なので、基本とぎれる、と思って打つしかないです。

そのときの対処法ですが・・・

10発打ちは保留3&4のとき

保留2以下では12発打ちを推奨します。

①のランプ群が点灯する直前に打ち出し開始→12発打ち

の手順が一番現状の調整に向いていると思われます。

そしてトータル確率的な現状確認を必ず行う必要があります。

つまり今現在通常時回転数は○○で当たり回数は○○、経過時間は○時間、時給いくらいくら、という計算です。

それは、「とぎれて当たり前」の調整の中、どれほどとぎれて出玉が殺されてスペックが減殺されているかを把握しないで終日打つのは勝つためにはオススメ出来ません。

面白い機械なので趣味稼働なら全然問題ないと思いますが。

「トータル確率的な現状確認」の方法ですが、詳しいお話しはトータル確率論にもつながる長い話になりますのでしませんが、1/3.27のトータル確率を考えて計算してみてください。

良い台に座れれば、もとのスペックが素晴らしいため、馬鹿みたいに稼げる機械だと思われます。

大当たり無しの時、通常時回転がなんと350回転も稼げました。

驚くべき事ですが、これは海より速い回転効率です。

もちろん当たり込みだと海より落ちるかも知れませんが、かなりのツキ指数を出した(通常のツキより大当たり消化に時間を取られた)くろべえの実戦(トイレ休憩多杉w)で10時間弱で1775回転も回せました。

実質大当たり込みで1時間200回転以上回せる機械である可能性もあります。

さて、またまた長くなりました。

実際の稼働の報告はまた明日までのびのびです。

もう稼働報告3日遅れ状態に突入です。

こりゃ非常に「やっちまっしぐら」状態です(笑)

<div align=center><a href=http://kurobei.sakura.ne.jp/>まじめなパチンコ攻略法サイトに戻る</a></div>
<div align=center><a href="http://toplog.jp/in/?9RkoC91">Toplog応援クリック</a></div>

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。