パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > ボーダー計算⑦-1回交換ボーダー> パチンコ日記 > ボーダー計算⑦-1回交換ボーダー

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダー計算⑦-1回交換ボーダー

2009年11月16日(月)

1回交換という店舗ルールがほぼ100%消滅した今となっては1回交換ボーダーなんか意味がないように思えるかも知れません。

でも、この1回交換ボーダーの概念がなければ、換金ギャップ下でもボーダーを理解し算出することは不可能になります。

念のため、「1回交換」とはそもそも何か分からない人のために昔のパチンコの様子を説明しなければ行けませんね。

42玉交換とか低換金率が主流だった昔のことですが、大当たりがあると、消化して、時短があればそれを消化して、通常時に戻ったら出玉は全て交換しなければ行けません。
言い換えれば、出玉で遊戯してはいけないルールだったんです。

一度出玉があっても、それを全て換金して、また再投資。

とてつもなく厳しいルールに思えますが、その分、無茶苦茶回りました。

ラッキーナンバー制という制度もあって、3or7で当たれば「無制限」の札がもらえたり、あるいは朝10時~11時の間に大当たりがあれば、これも無制限遊戯可能など、いろんな制度があって、当時のプロ連中は非常に食いやすかったと思われます。

話が逸れました。

さて、そんな状況に置けるボーダー計算ですが、これはさほど複雑ではありません。

要するに:

<center>「1回当てるために必要な投資」

「当たったら出る平均出玉×換金率」</center>

であれば良いわけです。

<a href=http://blog.crooz.jp/usr/kurobei/kurobei/show_article.php?guid=on&no=812>ボーダー計算③-等価ボーダー</a>をもう一度読み返して欲しいのですが、大海物語の初当たり1回に期待出来る出玉は約4900発、これを基準に1回交換ボーダーを求めます。

4900発を換金したとき
42玉交換=11667円
35玉交換=14000円
33玉交換=14848円
30玉交換=16333円
28玉交換=17500円
となります。

(※求め方は4900発を42玉なら0.42、35玉なら0.35で割るだけです)

上記の金額で貸し玉を借りて349.67回転回せれば、それが1回交換ボーダーなわけです。


42玉を例に進めます。
11667円、つまり11.667K投資で349.67回転回れば良い、ということが分かります。

千円あたりなら…
349.67÷11.667=29.97

大海物語、1回の出玉が1400発の42玉交換の1回交換ボーダーは約30/kであることが分かりました。

33玉の例は式のみ書きます。

4900発÷0.33=14848.48円
349.67÷14.848k=23.55
答え:23.6/k

次回は今回の1回交換ボーダーを使って、換金ギャップ下のボーダーを出して行くために持ち玉遊戯比率について若干説明します。

<div align=center><a href=http://kurobei.sakura.ne.jp/>まじめなパチンコ攻略法サイトに戻る</a></div>
<div align=center><a href="http://toplog.jp/in/?9RkoC91">Toplog応援クリック</a></div>

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。