パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > ボーダー計算⑥-ST機(後編)> 確率の考え方 > ボーダー計算⑥-ST機(後編)

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダー計算⑥-ST機(後編)

2009年09月22日(火)

平均出玉の計算に移ります。

出玉
3 & 10 & 14
14R9C10→1010
7R9C10→510
2R9C10→150

となっています。

振り分けは
初回(ヘソ)が
14R確変 5%
7R確変 70%
2R確変 15%
2R突確 10%

2連目以降(電チュー)が
14R確変 5%
7R確変 70%
2R確変 25%

です。

ここの部分の計算の概念を理解するためには、前回ボーダー計算⑤-地中海の計算の電チューとヘソで突確率の異なる機種の計算を先にお読みください。

<1回目の計算>
1010×5%+510×70%+150×15%+0×10%
となります。
1010は14R、510は7R、150は2R、0は突確。
これにそれぞれの振り分けパーセンテージを掛けていっています。
答えは430玉

<2回目以降の計算>
1010×5%+510×70%+150×25%
答えは445玉

前編で出した5.05連を1回目と2回目以降に分割します。

1+4.05です。

これを上の<1回目の計算>と<2回目以降の計算>で出した答えとそれぞれ掛けあわせます。

1×430+4.05×445≒2230

約2230玉と出ました。

2230玉÷250玉(千円分)=8.93

これで、1回初当たりを得れば等価ベースでは8.93千円分の平均出玉があることが分かります。

つまり、低確率時の確率は1/159.6なので、159.6回転を8.93千円で回せればそれが等価ボーダーな訳ですね。

159.6÷8.93=17.89

等価ボーダーは17.89と出ました。

少しくろべえのサイトと違いますが、これはST73回転、電サポ70回転で3回転は自力回転、電サポ無しの高確自力回転(南無参チャンス)はヘソ保留、あと、確変中の若干のヘソ保留消化を勘案しているための数字です。

次回は換金ギャップ下のボーダー計算の手始めとして、1回交換ボーダーを考えます。

携帯版「まじめなパチンコ攻略法サイト」もよろしくです。
携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。
携帯番QRコード

携帯版はホールでデータチェックするときにどうぞ

応援クリックお願いします→:パチンコ

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。