パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > The Shaka Rushers Part 2> パチンコ日記 > The Shaka Rushers Part 2

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Shaka Rushers Part 2

2009年09月06日(日)

まさに「地獄に仏」のYくんからの電話でした。

12時頃にYくんのいるホールに到着。

シャカRUSH Gのあるシマに行くと、Yくん、すでに5箱以上積んでいました。
台をざーっと見ると、ほとんどの台がヘソ以外はプラス調整。
20090906210425

(こんな感じの寄り!)

ヘソはほんのチョイ開け。

内、Yくんの左隣の一番ヘソが良さげな台を選びました。

さすが42玉交換店、というところですが、ヘソは少し寂しい感じがしましたが、寄りが素晴らしく良く、20/kを下回ることは絶対にない感じ。

Yくんが電サポ70回転抜けの状況で200発は抜ける、ということでしたので、ざっと計算して等価ボーダーは14/k以下。

もちろん電サポ率が高いので単時間当たり稼げる回転は海にくらべたぶん70%以下。

そうは言っても初当たりの軽いシャカRUSH G。
現金投資が激低になるはずなので、さほど低換金率の影響はないはず。

で、打ってみた。

最初の1kで16回転。

???となりましたが、寄りを見てもどこを見てもこんなに回らないわけはない。

で投資続行。

5kを投資した頃には平均22/kを突破。
6k目、126回転目でヒット。

これが幸い11連もしてくれて、終日の持ち玉遊戯をほぼ決定づけてくれました。

実際、電サポはゆるゆるでした。

もう申し訳ない気がするくらい抜けてしまう。

2Rボーナスより余裕で多い(笑)

展開的には、Yくんも500以上のハマリや連続単発をくらったりもありましたが、順調に持ち玉を増やします。

くろべえも11連の後、9連、単発、12連、ここからハマって2連、3連、3連と苦しい局面もありながら打てば打つほど玉が増えていきます。

Yくんの左隣がくろべえの台だったんですが、Yくんの右隣は初老のおじさん。

このおじさんが素晴らしく引きが良く、終日で50回オーバーの大当たり&14Rを2回続けて引いたりしてもりもり出していました。

変な光景だったと思います。

(くろべえ)(Yくん)(おじさん)

と3人並んでシャカRUSHで結構後に積んでいます。

で、9時半頃、くろべえが最後に8連で総当たりがくろべえ48回、Yくん55回、おじさん50回くらいなんですが・・・

出玉が全然違う。
くろべえ12箱、Yくん13箱、おじさん5箱。

これって電サポの差?

おじさん打ちっ放しで、保3止めもしないし、電サポ止め打ちももちろんしません。
この差がこれほど明瞭にわかる実戦も少なかったのですが、昨日は目の当たりに出来ました。

総出玉18734発
20090906210428


結果
S店慶次
投資20000円
回収0円
収支-20000円
V店シャカRUSHG
投資6000円
回収44600円
収支+38600円
トータル収支+18600円

もちろんかなりツキが出ましたが、ピン打ちにとても相性の良いシャカRUSH Gです。
初期投資は抑えられるし、技術介入でスペック+αが期待出来ます。

土曜、乗り打ちの出来るホールが軒並み辛くなる中、ピン稼働でこういう攻め口はありだと思います。

そのあと、2人のShaka RushersはRyohey&UpperWoodsペアの打つS店を覗きに行きました。

猛爆(笑)

Ryoheyくんはすでに終了していたのですが、UpperWoodsくんが10時半を過ぎてもそーれそーれ言わしてます。

別のシマではyackyさんペアがおぼっちゃまくんでこれまた50回オーバーの猛爆(笑)

なんかセコセコ電サポで稼いでいた我らShaka Rushersはしょぼ~んって感じでした。


結局Ryohey&UpperWoodsペアと合流、遅い晩ご飯を食べてこの日のシメ。

シャカラーッシュ!

携帯版「まじめなパチンコ攻略法サイト」もよろしくです。
携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。
携帯番QRコード

携帯版はホールでデータチェックするときにどうぞ

応援クリックお願いします→:パチンコ

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。