パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > ボーダー計算③-等価ボーダー> 確率の考え方 > ボーダー計算③-等価ボーダー

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダー計算③-等価ボーダー

2009年08月29日(土)

前回までで平均連チャン率の計算はばっちりですね!

大海SPは平均連チャン3.500249連。

この平均連チャン数は初当たり単発、確変、2確…全ての通常時回転(電サポの付かない回転)時の初当たりの平均です。

もう一度スペックに戻ると、

大海スペシャルMTEのスペックは
初当たり確率 1/349.67
15R確変57%
2R突確8%
15R通常35%
となっています。

ということは、平均的には349.67回転したときに1回3.500249連がやってくる。
ということですね。

1回あたりの出玉は1400発とすると、1/349.67の初当たりを引いたとき、期待出来る出玉は・・・

1400×3.500249=4900.349

この際、0.349玉はどうでも良いので、4900発とします。
どうでも良くない人は、下に落ちている玉を1玉拾って調整してください(笑)

この4900発で349.67回転出来れば、いわゆるボーダーな訳です。

大体、ボーダーは「千円あたり○○回転」と言うのが慣例になっています。

そのため、4900発が○千円なのかを出さないと行けません。

4900÷250=19.6

千円の貸し玉は4パチの場合250玉なので、4900玉を250玉で割ります。

19.6千円となりました。

ということは、19.6で349.67回転回ったとき、ボーダーなわけです。

349.67÷19.6=17.84

これが大海SPの1回出玉1400発の台の等価ボーダーです。

この、計算の過程を見れば分かるように、実際の台はこんなにきっちりしたものではありません。

確変中、時短中、電サポというのがありますよね?

それによって玉が増えたり減ったりします。

増えた分は1400玉+○○玉として足してボーダー計算。
減った分は1400玉-○○玉として引いてボーダー計算。

こういった作業を通して、自分が普段打っているホールの等価ボーダーを把握し、それに対して打っている台がプラス何回回っているか、この把握が必要なんですね。

ダブルスタート、つまり電チュー保留とヘソ保留でラウンド振り分けの異なる機種の説明にさっさと移りたいのですが、せっかく平均連チャン率の話をしたところなので、次回はトータル確率の概念をお話しします。

携帯版「まじめなパチンコ攻略法サイト」もよろしくです。
携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。
携帯番QRコード

携帯版はホールでデータチェックするときにどうぞ

応援クリックお願いします→:パチンコ
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。