パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > CR蒼穹のファフナー> パチンコ日記 > CR蒼穹のファフナー

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CR蒼穹のファフナー

2009年03月19日(木)

20090319231334
蒼穹のファフナー、初打ち行ってきました。

500円投入の5回転目にヘソ当たり。
いきなりスペシャルルートに飛び込んで、当たりゲト。

この時点でかなり(;´Д`)ハァハァ・・・してしまいましたが・・・



乙姫チャンスは2回オープンしかゲットできず、敢えなく単発にて終了。

呑まれて、追い足し9.5k。当たらず(ヘソ当たりは4回)終了。



打った感触ですが・・・

最初は面白い!

約70分の1でヘソ当たり。
ヘソに当たったら、役物抽選。
期待感→期待感→連チャン期待感→大連チャン期待感!

という感じで期待感にとぎれが無く・・・

って思ったんですが。


1回目になんでSルートに飛び込んだかよく見ておらず、その後ストロークをいろいろ工夫したんですが、結局一度もSルートには行きませんでした。

だんだん、この機種、ノーマルルートだと当たる気がしない=ヘソ当たりにあまり期待感を持てない、ってのが分かってきました。

稼働にしてみても新装2日目にしてかなり高稼働な店でさえ普通に空き台が出る、って状況でした。

やはり多くのユーザーにとって当たっても玉が出ないのは魅力に欠けるのでしょうか?



結論から言うと、この機種、驚くほどの短命に終わると思います。

あと、技術介入要素をこれでもかこれでもか、というほど殺しています。

ストロークでヘソを狙うのもゲージの構成と道釘に覆い被さるプラスチック板のせいで極限まで殺されていると感じました。

羽根入賞についてもストッパーがついていて一度玉を貯留するため、Vゾーンへの入賞はタイミングでは絶対に狙えません。

というより、ストッパーが解放されるタイミングによってのみV入賞がなされるため、V入賞タイミングでのストッパー解放を機械が意図してやっています。

アナログに見えて、実際はデジタルってのが内部的な仕組みなのかも知れません。

不確定要素(クルーの仕切り板に一度当たってからVに落ちることなんかもありそう)もありそうですが、それすらも一定の確率論で計算してストッパー解放を行っているようです。

だとすると、スピラーレさんがおっしゃるようにSルートとNルートのねらい打ちのみプレイヤーに残された技術介入要素のようです。(当然保3止めなどの他のデジパチと共通する技術介入要素は依然ありますので、羽根モノ故の技術介入要素という意味です。)

で、ゲージの構成上、Sルートのねらい打ちはかなり難しい(というか、くろべえには出来ませんでした)のが分かりました。

スピラーレさんほど頑張れば、攻略発見に一定の成果は上げれそうですが、くろべえはこの機種からひとまず撤退です。


さて、演出ですが、ファフナーの原作をすべて見た者として、このパチンコ台を見る限り、ファフナーの世界観を表現するのは完全に失敗していると思いました。

「原作の世界観なんてどうでも良い、パチとしての演出のハラハラドキドキ感はどうなんだ?」
という声も聞こえてきそうですが、それにも失敗していると思いました。

有り体に言えば、リーチがダサすぎw

同系統のアニメを題材にしたエヴァと比べるともはや雲泥の差。

いろいろ言いましたが、最大の疑問は・・・


右に立っている役モノというより、オタ系フィギュアとしか言いようのない乙姫像になんか意味があるの?

携帯版「まじめなパチンコ攻略法サイト」もよろしくです。
携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。
携帯番QRコード

携帯版はホールでデータチェックするときにどうぞ

応援クリックお願いします→:パチンコ
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。