パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > スーパー海物語in沖縄「やっぱり鳴る台はいい!?」> コラム > スーパー海物語in沖縄「やっぱり鳴る台はいい!?」

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー海物語in沖縄「やっぱり鳴る台はいい!?」

2007年11月19日(月)

最近こればっかり打ってるという、スーパー海物語in沖縄ですが、ホールに鳴り響く「キュイキュイキュイ・・・かっくへーん・・・天職です!」みたいな台を見るとやっぱり鳴る台はいいのかな?なんて思えてきます。

結論からいいます。

関係ありません。

「鳴っている→調子がいい」

ではなく

「調子がいい→鳴る機会も多い」

です。

たとえば「デモだしをすると調子がいい」とか「魚群が出る台は調子がいい」とかいろいろありますが、全部根拠なしです。

オカルト信者の典型的な思考回路では「後先を逆にとらえている」ことがおおいです。
つまり、こうです。

「魚群が出る→調子がいい」→オカルト信者的後先逆思考

ではなく

「調子がいい→よく当たる→アタリ演出では魚群が選ばれやすい」→実際

です。

「で、で、でも、デモ出しはそんな説明できないでしょ!」とかいう人。

逆に聞きます。

「デモを出した後、何回転までによく当たりますか?」

あるいは

「デモを出した後の100回転までに当たる確率は何にもしない(つまり打ちっ放し)の時に比べて確率が上がってるような調査結果が低確率時1200万回転にわたって続いたことがありますか?」

そんな調査をした人はたぶん地球上にいないでしょう。

約1200万回転という数字は大ざっぱではありますが二項分布でわかる315.5分の1という恐ろしい確率のほぼ収束するであろう試行回数です。
つまりそんなことを証明できる人間は一人もいないということです。

非常に簡単な言葉で言うと・・・
「気のせい気のせいw」あるいは「そんなの関係ねぇー」
と、なります。

人間は自分の行動と結果に因果関係を求めることが多いです。

デモ出しをしたら調子がいいという人は「デモを出したら当たった」と思っている人たちでしょう?「デモ出しをした」「当たった」という本当は全く関係のない事象に「因果関係」を求めるているわけです。「デモを出さない」というのはパチンコを打っているだけでなにも行動を起こしてないわけですからそこで当たったとしても打ち手の脳内の因果関係発生には至らないわけです。

因果関係をどうしても求めてしまう人間に見える現象の世界では
「デモを出した」→「当たった」 因果関係あり
「デモを出さない(ただ打ち続ける)」→「当たった」 因果関係なし
で因果関係があるように見える「デモ出し」に効果があるように思えてしまうのです。

ながながと講釈を垂れ流しましたが、かく云う私ですが・・・

デモ出し、やりますよw なんか調子いいしw

応援クリックおねがいします:パチンコ

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。