パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > 賞球1個につき、増えません。> パチンコ日記 > 賞球1個につき、増えません。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賞球1個につき、増えません。

2012年01月29日(日)

日本遊技機工業組合(日工組)の内規改定がありました。

これは規制緩和の部類に入るんでしょうけど、電サポ賞球の最低個数限度(現在3個)の撤廃がなされたようです。

4月1日以降の型式申請試験に適用とのこと。


実は話題としては特に新しくもない話なんです。


が、いよいよ5月になると、この緩和が適用されたパチンコ台がホールにお目見えするわけです。

そこで、ちょっと巷での反応をまとめ、くろべえなりの考えを述べてみました。



<巷の反応>

①増えないどころか減るのが確定
これだと、3個賞球なみの辛スルーや電チュー周りの調整で、確実に素人客は殺される

②増えないとプロが稼げなくなって終わり
ヒネラー(京楽系の技術介入で、いわゆる捻り打ち、電サポワンツーを駆使するパチンカー)は絶対増やせなくなっておしまい!

③全機種そうなるわけじゃないでしょ?
現在、5月ぐらいに数機種予定されているだけで、ホールを席捲する、というほどでもないと聞いているけど。

④スピーディになってよくなるかも?
増えない、ってことはいくらでも甘くできるってことだから、今みたいに電サポ中ヘソ保留まで消化してしまうようなことがなくなって、むしろよくなるんじゃないか?

⑤増えないってなんだ!負けてるのにこれ以上負けさせる気か?
今の3個でも増えないのに、1個にしたらもっと増えなくなるんじゃないか?

的な意見が多かったです。



オイラが考えるには、どうも的はずれな意見が多いように思いました。

以下、オイラの考えです。

①プロ的に考えれば、減っても良いんじゃないか、より減らないようにする技術介入ポイントが残っていれば、です。
パチンコ全体を考えた場合にも、プロもセミプロも、ファンも、素人も、全員一様に減る、という面では、現在の、かたや馬鹿増え、かたや減りまくりに比べるとむしろファン層、素人客に優しい気もします。

②ヒネラー=プロ、プロ=ヒネラーという認識がまず間違っている。
別にあんな技術なくても、勝つ人間たちは普通に勝ってきたし、これからもそう。
(なんなら、あんな目立つ技術、なくなっちまえばいいのに…手も痛いしw)
ある限り、一番割が出るなら打たざるを得ない、というのが今のプロの心境じゃないか?
パチンコに釘とストップボタンが残る(打ち出しが制御できる)限り、論理的に言って、勝てる台というのはなくならない、というのが見方。
電サポだけが抜き所でないという事実を理解していない。
そもそも、抜き所の概念すら分かっていない(=そもそもパチンコで稼ぐ気がある訳ではないので、その概念を分かる必要がないことは承知の上で、ただ、パチンコで稼ぐ人間が存在する原理を分かっていないのに、「1個になったらパチプロ消滅」的な馬鹿馬鹿しい議論が平気で成り立っていた@某巨大掲示板)

③そう、その通り。
ただ市場に受け入れられれば、全機種そうなっていく可能性も残されます。

④これはその通り。
イライラはなくなり、スムーズなゲーム展開が楽しめるはず。
ただ、「ヘソまで消化することがなくなってよくなるんじゃないか」ということはヘソ保留消化率が0に限りなく近くなって、それを織り込んだスペックになり、そしてそのスペックを織り込んだ釘調整になる、ってだけの話で、大した問題じゃない。

⑤これはもう全く関係のない問題。
「負けている」ことを恨んでいるんなら、勝つ方法論を考えるか、あるいはパチンコなんてやめる方が良い。
「負けている」ことを恨んでいない、アツい勝負が出来たし、楽しかったし、つまり「サービスを消費した」と言える人が本来的なパチンコの楽しみ方を分かっている人だと思う。
また、賞球が1個であろうが3個であろうが、負ける額に大きな変化はないことを理解すべき。
(電サポ部分のマイナスが織り込まれたスペックになり、そのスペックを織り込んだ釘調整になる)

とにかく、こんなことは稼ぐパチンコを実戦する上で、なんら心配には及びません。

それどころか楽しむパチンコにおいてはむしろ歓迎すべき変更だと思います。

また、機会があったら、4月1日の内規改正において、もう一つの大きな変更点、「第1種2種混合タイプ(初代CR牙狼XXタイプ)の復活」について、書きますね!

ではでは。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。