パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > 短パチ戦略?> パチンコ日記 > 短パチ戦略?

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短パチ戦略?

2012年01月27日(金)

例えば、仕事帰り、あるいは隙間時間2時間だけパチンコが打てる!
(延長戦に突入しても3時間がいっぱいいっぱい)

というケース。

33玉交換現金勝負店に突入した場合の勝率をシミュレートしてみます。

機種は最近のミドルではまあまあの代表格「CR新海物語withアグネス・ラムMTM」

21/k回るとして、出玉が1300発弱、この程度の台を来る日も来る日も打ったとします。

ちなみに21/kを平均で打とうと思うと実はかなりしんどい。

2時間なんで、座ってみる、回らない、台移動、なんてことをしているうちに終わってしまう。

その中で平均21/kをつかむ、というのは実はかなり難しい。
(ホールによって、釘を動かさない日が分かっていたら、前日の状況から分かったりもするので、不可能ではない)

前置き長いですね。

そう21/k回る新海を来る日も来る日も2時間程度打って、連チャンは延長戦。

これを繰り返すと・・・

平均収支-200円/日

となります。


逆に18/k、28玉貯玉再プレイ終日無料店を見てみる。

28玉貯玉再プレイ終日無料、は元々等価店だった店が転換した典型的なスタイルで大阪では結構な数の店舗がこの形になっています。

シミュレーション条件では出玉も少し削って、1260発程度にしてみた。

結果は・・・

平均収支+400円/日


とにかく、短時間勝負では現金投入が一番の負ける理由、と考えていましたが、シミュレーションでも同じ結果になりました。


そこで、単時間パチのパチリーマンの皆様におすすめの戦略です。

①貯玉店舗を押さえる
②貯玉システム別に整理
③p-worldで新台入替を把握
④新台入替前の店舗は避け・・・
⑤新台入替直後の店舗を狙う。

貯玉システム別店舗の使い方
①現金店
甘デジ、ライトミドルを中心に出来るだけ連チャン率の低い台を中心に狙う姿勢
良釘台を早い時点で仕留めるために、台毎のクセを覚えておく(メモしておく)

②個数制限付き貯玉手数料無料店
2時間は打ちたいので、当たってくれないとどうしようもない。2500発くらいはほしい。
1500発×近場の2店舗でもいい。
貯玉範囲のみで勝負、貯玉範囲ノーヒットで撤収。

③制限なし貯玉手数料完全無料店
これは事実上の等価店なので、釘にはあまり期待できない・・・
が、換金ギャップなしなので、いつ止めても良いし、等価ボーダー以上さえあれば、打てるわけです。
ここで狙いたいのは、高度技術介入機。
つまり、16~17回れば時給1000~2000円は確保できる京楽系の台。

どうですか?
こんな短パチスタイルで十分お小遣い程度は稼げますよ!

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。