パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > 心からのお見舞い申し上げます。> パチンコ日記 > 心からのお見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心からのお見舞い申し上げます。

2011年03月21日(月)

このたび、東北地方太平洋沖大震災で被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます。

稼働、会社設立、稼働チーム調整、忙しく動いている中で、どうしても心の片隅にこびりついて離れないあの大惨事の様相。

沢山の人々が今も寒い中に不安と飢えと不自由さに佇んでいると思うと、大阪でぬくぬくしている俺らって・・・と罪悪感を感じてしまったりします。

原発の事故がクローズアップされるにつれて、これは「国家の生死」に関わることだと認識し始めたときには、会社設立や今後の稼働、ようするに「大阪でぬくぬく」なんてもんじゃなく俺ら自身の生活に影響のあることだ、と思い始めました。

チェルノブイリの規模なら、東京は?

東京にいる友人やいとこ、叔父達の顔を思い出したり、東京がダメになればもはやこの国は終わる、と不安になって子供達の行く末を案じたり。

もちろん今も予断は許せない状況ですが、チェルノブイリのように放射能が爆散する状況ではないことが分かって、当地の方々には本当に申し訳ないけど、ちょっとホッとしてみたり。

人間って勝手なモンですね。

先日のクライストチャーチの大地震では、クライストチャーチに住む友人一家の心配以外全く心配しませんでした。

人ゴトなんですね。

人類皆兄弟からは程遠い島国の人間です。俺は。

でも、今回、というより神戸の震災でもそうでしたが、あの家屋がオモチャのように押し流されていく、衝撃的な映像を見て涙が止まりませんでした。

俺の中に日本人に対して異常なほどの同胞意識というのがあって、悲惨な目に遭っているのは見たこともない人々なのに、俺や俺の家族とダブって見えてしまう。

大船渡市の状況がTVに出ていて、大船渡の海岸沿いにあるパチンコ21というお店が津波で流されていくのを見て、P-WORLDで見てみると、更新が11日より前でずーっと止まっており、もしかしてお客さんも店員さんもみんな亡くなってしまったんじゃないか??と心配して、更新を待っていたりしました。

昨日になってようやく「営業停止」の通知があり、関係者の人で無事な人もいたんだ、(無事じゃないかも知れないけど)少し安心してみたり・・・

とにかく、少しでも被災者が普通の毎日が送れるための手だてを一刻も早く、一刻も早く取ってもらいたい。

そう、俺には募金や節電ぐらいしかできることがない。

「取ってもらいたい」と言うしかない。

切ないですね。

大阪にいる俺らがいくら頑張って!っていったところで、状況があまりにも違いすぎて、白々しく聞こえるかも知れないですね。

でも、頑張ってください!

次に「自粛」について書いて、今日はおしまいにしようと思います。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。