パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > この間のパチ稼働①> パチンコ日記 > この間のパチ稼働①

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この間のパチ稼働①

2011年03月21日(月)

goodspeedさん、まめ太くん、み~さんご無沙汰しておりました。

コメントうれし~。というか、ごめんなさいでした。



この間のパチ稼働といえば、水戸黄門2。

これに尽きるでしょう。

ホール状況は日増しに辛くなってきているのはみなさまも気づかれていると思います。


海をまともに使う店は激減してきています。

すくなくとも大阪ではそうです。

責任の一端は(このブログやオイラのサイトの影響力ではほんのチョイでしょうけど)オイラにもあるんでしょうけど、海プロの大量発生や超大型ウチコ軍団、それに俺ら達乗り打ち軍団などなど、海を開けるとすぐにどこからか湧いてくる、って印象が店側にはあったんじゃないでしょうか?

プロも賑やかしの一部、と鷹揚に構えられる店は、そもそも流行っている店です。

流行っていない店はプロが大挙してくるとマジで困るはずです。

とにかく、ホールの体力が極端に落ちてきているのを感じざるを得ませんでした。

そこで、ホール状況に合わせて、稼働を柔軟に対応させる必要性が生じてきました。

海やエヴァ一辺倒的な稼働ではそれらが締まれば打つ手がなくなる。

色んな機種のポテンシャルをみんなで探っていく動きの中で、機種の評価の下し方も、時間回転数頼みから単回転収入の高さへシフトし、誰でも出来る簡単技術介入から、中途半端な海プロには出来ない高度な技術介入へとシフトしました。

その中で上がってきたのが水戸黄門2。

単回転収入は16玉後半~17玉後半をたたき出せるこの機種はチームの救世主となりました。

20/kも回れば持ち玉時の期待時給は2000円台後半。

たまに驚愕の4000円の台に出くわしたりする。

右の釘が良く、電サポが上手ければ、19/kでも2000円台後半という恐ろしい激甘機種の登場にチームは沸き立ちました。

開けても暮れても黄門黄門。

腱鞘炎になりそうなほど電サポワンツーに明け暮れる毎日でした。

そんな黄門も戦国無双、巨人の登場で減台減台、電サポワンツーなどの技術が行き渡ると右の釘はぶっ殺され、今ではまともに打てる店が本当に限られた状況になってしまいました。

ただ、この経験はチーム自体をかなり強化しました。

(つづきます)

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。