パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館 > スポンサー広告 > CR武神烈伝①> パチンコ日記 > CR武神烈伝①

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CR武神烈伝①

2010年08月13日(金)

この日はみんながギンパラ2や沖海2といった定番機種を打つ中、どうしても終日実戦で見ておきたい機種がありました。

それはCR武神列伝。

新牙狼登場で益々稼働が落ちる中、ホールによっては導入台数も多く、ライトミドルの新牙狼に対してマックスに近いスペックのミドルタイプ高連チャン機をどう使うか態度の別れるところ。

この日行ったホールでは以前にもハイエナメインだけれども武神烈伝を打ったことは何度もありました。

内1台のヘソが何故か不思議に大きく、前回実戦時には22/kほど回っていて、出玉はほぼ既定通りだったので、それなりの期待値が出ているはずだ、という感じで、この日の狙い台は自然と絞られていました。

「それなりの期待値が出ているはずだ」という言い方になってしまったのは、期待値計算が実はちゃんと出来ていないんです。

22/kほど回れば単回転玉収支は約3.6玉。十分なようで、通常時の回転効率が分からないので、時間単価となるとこれが皆目見当が付かない。

3、4の保留消化が早く、時短がなく、高確中電サポのスピードがある。

疑似連煽り、リーチ煽りは多く、リーチ演出は長めだけれど発生頻度が少ない。

この日、9時間以上の打ち込みを行ったにもかかわらず、通常時回転効率は分からずじまいで終わってしまいました。

・・・というのは、何のことはない、出過ぎてしまったんですね(笑)

大当たり45回、通常1721回転。差玉30000発程度。

電サポ消化時間を時間計測、通常回転を時間計測、大当たりを時間計測、って雑誌ライター並みに記録していけば分かるんでしょうけど、そんなの面倒くさい(笑)

10時間なら10時間打って、ツキが100%前後10%程度なら、総通常回転数を時間で割れば大体分かるんでそれでよしとするナマケ者なもんで。

てな訳で、分析なんてできっこない。

で、結局何を分析したかというと・・・

次回に続いたりします。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。