パチンコ新台ニュース&パチンコニュース速報

パチンコ新台情報&ニュース速報|パチンコニュース館

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム更新のお知らせ

2009年08月11日(火)

ムラに関するコラム、続編です。

コチラからアクセス出来ます。

携帯版「まじめなパチンコ攻略法サイト」もよろしくです。
携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。
携帯番QRコード

携帯版はホールでデータチェックするときにどうぞ

応援クリックお願いします→:パチンコ

スポンサーサイト

1円パチンコについて

2009年08月05日(水)

1パチの普及が著しい昨今、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

午前中、いそいそと用事を済ませて、次の用事まで少し時間が空きました。

前々から書きたいなあと思っていた1パチについて、ちょっと書いてみました。

前置きはもういいですね。

さて、パチンコを打つ動機について考えたことはあるでしょうか?

大体、下の2つに集約されると思います。

①打ちたいから

②勝ちたいから

あなたはどっちですか?

どちらも!とか言われるかも知れません。
でもどっちかと言えば①とか、どっちかと言えば②とか、なるんじゃないでしょうか?


くろべえは圧倒的に②。

なので打ちたい機種があってもガマン。
期待値の高い方を出来るだけ選ぶ。
ただ、どうしようもなく苦痛なときは、若干期待値が高くても敬遠するときはあります。


まず、断っておきますが、1パチで勝てる道理は全くありません。

勝てないんです。1パチは。
控えめに言ってもほとんど勝てない。

その理屈を非常に簡略化して説明します。

店は商売ですよね?
1台当たり幾ら幾らって仮想利益を設定します。
1台1台見ればその通りになることは稀で、その台その日を見れば客の引き次第で店は大きく負けたり大きく吸い込んじゃったりします。
まあ、それでも1ヶ月間、店の台数にも依りますが、店単位で見ればほぼ仮想利益の設定通りに収束します。
これが大数の原理に基づくパチ屋の経営(いわゆるホルコン経営、ホールコントロールじゃなくてホールコンピューターですよ、念のためw)ってやつですね。

するとです。

1パチと4パチ、1台あたりにかかる経費は「台の値段」「光熱費」「固定資産税」その他諸々と、一番大きい「人件費」ですが、1パチで安く付くのは「台の値段」だけですよね。
(1パチは大体中古台って相場が決まってますよね。)
わかりやすいので等価店の場合を考えてみます。

仮想利益(台粗)を1台6000円と設定します。
4パチならば客側の差玉マイナス1500玉。たったこれだけで達成です。
1パチならば客側の差玉マイナス6000玉にしないと6000円の台粗は達成できません。

4倍打てる=4倍辛いんです。

でも、これだとどちらも6000円負けの設定で結局同じじゃないか?という反論が帰ってきそうです。

が、聞いてください。

パチンコはプレーヤーの力量によって、回転率が若干変わりますよね?

そして1500玉という範囲は1日打てばヘタな人と上手い人では平気で差が出る範囲なのです。

なので、等価店の利益設定6000円の台、つまり差玉マイナス1500発を非常に丁寧に打てば、期待値プラスに持ってくることは可能な範囲なのです。

ですが、差玉マイナス6000発の設定の台を上手い人がどんだけ頑張っても期待値プラスには持って行けない。

そして換金差のあるお店なら更にこの特徴は顕著になります。

換金ギャップ下では4パチが差玉プラス設定は普通のことです。

1パチは換金差があっても差玉マイナスは当たり前のことです。

1パチで換金差があっても差玉プラス、あるいはトントンくらいの設定だと、利益設定6000円に届かないんです。


ところが、1パチは①の人にとっては救世主なんです。

「4倍遊べる」ってのが売りなんですが、まさしくその通り。

同じお金を入れたとき、4円貸し玉に比べて4倍玉が多く出るんだから、それを打ち込むのに4倍長く時間がかかる。

つまりパチンコの勝敗よりもとにかく触りたい、キュインが聞きたい人にとっては負けは当たり前でもどうせ負けるなら4分の1の負けで、という人にとっては有り難い存在なのです。

こういう風に住み分けをしているのが現状、というのがくろべえの考え方です。

10パチがあれば絶対打つくろべえでした。

携帯版「まじめなパチンコ攻略法サイト」もよろしくです。
携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。
携帯番QRコード

携帯版はホールでデータチェックするときにどうぞ

応援クリックお願いします→:パチンコ

コラム更新のお知らせ

2009年07月19日(日)

コラム更新しました。
ムラについての連載の第1回目です。
お暇なときのどうぞ。

コチラからどうぞ。

携帯版「まじめなパチンコ攻略法サイト」もよろしくです。
携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。
携帯番QRコード

携帯版はホールでデータチェックするときにどうぞ

応援クリックお願いします→:パチンコ

ガセ全館イベントと甘デジ

2009年07月08日(水)

全く憶測の域を出ておりませんので、あしからずご了承ください。

常々イベントなんてのは十度に一度のマジイベントを除き、ほぼ回収で間違いないと思っているくろべえですが、本日7月7日は訳あってその回収イベントに乗ってみました。

昨日7月6日、あるホールを新規開拓しまして、それが成功だったお話しはすでにしました。

で、その日、ホールのトイレに行ってみると、「年に一度、7と7の重なる日!」ということで年一イベントをブチあげるみたいな宣伝がお約束ですが便器の前に張ってあったんです。

こういうイベントの処し方次第で店のイベントに対する態度、あるいは、商売上手さ、というのが見えて今後の攻め口を考えられるため、これは行っておきたい、と思ったわけです。

で、行きました。

昼前にはほぼ9割方の稼働に!
イベントが成功しているのがよく分かりました。
通路にあふれるドル箱の山!

ところが、回してみると前日より回らない。
明らかに回収イベントなんですね。

特に倖田來未2の導入を控えて、ホールはどこかでドンと稼いでおかなくちゃいけない。


ただ、打っている人たちがそれに気づいている感じはしません。

前日と同じ台を打ってみても回転率も前日と比べ1~2ダウンしている程度。

今日の乗り打ちは4人だったんですが、全員回らない回らないの愚痴のオンパレード。


・・・なんですが、出玉がついてきてしまって、やめるにやめれない状態になってしまいました。

くろべえも大海がダメで地中海に移ろうにも空き台がなく、迷った末にアグネスが2台空いていたので、内、釘がましそうな1台をチョイス。

これがでですね、等価ボーダー17台の甘デジ機種とは思えないほど回るんです。

だいたい22~23を終始キープ。

考えてみると合点がいくんです。

つまりガセ全館イベントで9割方の客付きが予想出来るとき、店はミドル~マックスは回す必要がないんです。
放っておいても勝手に客がサンドに金をジャブジャブぶち込んで、回して、出して、積んでくれるので出玉感は出来ます。

出来ないのが甘デジ。

こればかりはある程度の回転率を与えないと、出玉と打ち込みが相殺されやすく、積んでくれないんです。

もしかしたら・・・ですよ、あくまでも・・・もしかしたら、ガセ全館イベントにおける甘デジというのは意外に喰えるのかも知れない、という大胆すぎる仮説を立ててみたくろべえでした。

結果、くろべえはアグネスはツキ負けにて2箱投入の6箱出しで+4箱(5500発程度)

ひつじさんもほぼ自家発電程度の勝負だったんじゃないでしょうか?
あとはタケポとアニーのツキ勝ちにて

1人あたり・・・
投資貯玉2920発+5000円
回収貯玉3000発+32600円
収支+32600円

にて終了。

なんと、これにて10連勝達成です。

携帯版「まじめなパチンコ攻略法サイト」もよろしくです。
携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。
携帯番QRコード

携帯版はホールでデータチェックするときにどうぞ

応援クリックお願いします→:パチンコ

スロッターよ!

2009年06月28日(日)

「ここ数年、パチンコが勝ちにくくなってきた。」

という話はご存じでしょうか?

くろべえはよく分かりません。
だって、パチで勝ちだしたのって2006年中頃だったっけ?

それまではパチで勝ってはスロで負ける(たまに大勝ちでもトータル負け)。って流れだったんですもの。
そんなにパチンコも理論的にやっていたわけではなく、「お、これ回るやん!」みたいなノリで打っていただけでした。

いよいよスロットも4号機撤去が確実になって、勝てていたパチンコの収支を完全に把握しだしたのが2007年正月。
それまでもスロットでもパチンコでもつけていたんですが、負けが込んだ月にイヤんなって止めてしまっていました(爆)

2007年になって、勝てているパチンコ、理論もはっきり見えて来ている、この理論の実践が実際に金になるのか?
そんな思いで収支をシビアにつけ始めました。

って話が逸れました。

ここを見てくださっている皆様。スロットは好きですか?

パチンコしか知らないあなた。

スロッターってすごいんですよ。

くろべえが昔ハマっていた鉄拳R。
この超複雑スペックはもう一言では表せません。

リンク先はスロッターには有名なHAZUSEの鉄拳のページですが、HAZESEのメインページからはもう行けません。
4号機はどのホールにも残っていませんので、リンクはなくなって当然ですが、ページは残っていました。

ここからそのページを覗けますが、パチファンの皆さんには全く理解不能だと思います。

それでも是非見て頂きたいと思います。
スロッターという連中がどれほど研究してその機械を打っていたかということを。

くろべえはこのスペックをほとんどソラで覚えていました。

BIG後50G以内にチャンス目を引いてその後の熱めの演出が10G以上に行ったときのアツさはたぶんこのスペック表を見て頂いても分からないと思います。いや、マジ熱かったんです。
例えて言うと大の大人が立ち上がって一緒に打ちに来ている友達を呼びに行くほど・・・ってのは大げさですが、かなり熱かった。

ってまた話が逸れました。

え~要点は。

・・・

つまりです。

パチンカーの皆さん。
魚群理論とかホルコンとか台の裏におじさんがいるとか、遠隔とか、島割制御だとか・・・ね、まだそんなこと考えて打っている人多いでしょ?

スロッターって基本的に鉄拳Rのスペック見て頂いてわかるように何を引いたら何分の1でこのチャンスがあって、それを引いた後にさらにあれを引けば・・・みたいな確率論と常に戦っているんですよ。

もう遠隔とかホルコンとか言っている暇があれば、ひたすらチャンスゲーム数とチャンス確定の演出を覚えて人がそんな台を捨てようものならライターから携帯からたばこから、はたまた財布まで下皿(スロの場合は上皿じゃなくて下皿なのね)に飛んでくるわけです。

くろべえから言わせるとスロッターがネアンデルタール人だとすればパチンカーはオカルト中毒のジャワ原人。

スロッター上がりならパチンコのスペックなんて簡単すぎるほど簡単にわかってしまう。


しかも子役数えて設定看破なんてしなくてもいいんです。

1日回して低設定って分かったときにはツキで稼いだ玉を全部持って行かれた後ヽ(`Д´)


パチンコ台は回れば高設定。目で見て分かる設定(笑)

スロッターよ、こっちの水は甘いぞ。





というのはスロッターがこのサイトを見ていないのを見越して言っているズルいくろべえです。
だって、「最近、パチンコが勝ちにくくなってきた。」ってのは4号機スロッターが大挙してパチンコに食いついてきたのと、店がスロで儲からないのでパチに収益源をシフトしたからに他ならないのです。これ以上来られると困るんです(笑)

あの人種はマニアックです。あんなスペック、マジで覚えちゃうんですよ?
(注釈までにスペック全部じゃなくても要所要所は全て押さえます)

だって覚えないと取りこぼすし楽しめない。

そんな連中の一部がパチンコにやってきた。

さて、パチンカーの皆さん。

スロッターの話題って基本的に「子役があれだけ落ちてくれば低設定はないだろ?」
パチンカーの話題って基本的に「魚群があれだけ外れればこの台は死に台だろ?」

このレベルの差って分かりますよね?

ジャワ原人を卒業するにはまじパチ、メインコンテンツ「まじめなパチンコ攻略法」をよろしく(なんちて)

(この記事は半年ほど前にコラム掲載予定として執筆し、ボツにしたものです。)

携帯版「まじめなパチンコ攻略法サイト」もよろしくです。
携帯のバーコードリーダーで読み取ってください。
携帯番QRコード

携帯版はホールでデータチェックするときにどうぞ

応援クリックお願いします→:パチンコ

ブログランキング

ランキング参加しますっ! 応援ヨロシクお願いします!

FC2Blog Ranking

プロフィール

くろべえ

Author:くろべえ
■年齢&家族
嫁様1人に子供2人+ワン
42歳。厄年です。

■パチ歴
11年ほど?
昔は負けてばっかり。
一昨年中頃、4号機が食えなくなってきて、パチに乗り換えました。
最初は苦戦でしたが、ポイントを押さえさえすればパチの方がずっと食えることに気が付きました。(←オセーヨ)
んでもって、脱サラのパチプロをしつつ、2011年4月1日、㈱サンプライズエンターテイメントを立ち上げました。
よろしくです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

アクセスカウンター

パチンコ情報サイト「パチたま」

★パチンコPV動画★
★パチンコセグ情報★
★パチンコ新台情報★
『詳しく、最速に、そしてほしい情報にすぐにアクセス!』
…プロが作るパチンコ情報サイト
パチンコ情報サイト

スペシャルリンク

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。